FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

享 「カーメンカーメン」プレジデント

享年 96。

うちのじいちゃんが。。

死んだ。。。

突然の死は、流石にショックだった。。

歳が歳なんで後悔はない。

むしろ幸せな人生だったと思う。。

俺はじいちゃんを尊敬していた。。

うちのじいちゃんは元校長先生。。

地元に亀山は多いけど、大概は先生の所ってだけでうちは認識される。。

よく「なんだ、あんた先生の所の子か!」って言われた。。

なんだか嬉しかった。。

じいちゃんの事を思い出した。

子供頃のうる覚えの記憶だが、うちじいちゃんは俺が保育園の頃、毎年クリスマスにサンタの格好をして来てくれてた。。

当時は自分のじいちゃんなんて思ってなかった。。

子供が好きだったんだ。。。



玄関に大きな蛇が入ってきた時、棒で物凄い勢いで戦っていたのを覚えている。。

じいちゃんって強い。。。

コロと言う雑種の犬の散歩を毎日していた。。

初めの頃は、首輪をグイグイ引っ張って散歩していたけど、だんだん犬に振り回わされていて、じいちゃんが散歩されていた。。。

大丈夫か?じいちゃんって思った。

中学、高校、大学に入るとめっきり記憶がない。。

就職してからの事、当時の首相の小泉さんから、過去の経歴を評価された表彰状が届いたと母が持ってきた。。

俺に見せて欲しいと。。

すげぇよ。

じいちゃん。。。

就職して実家に帰る時は少しだが、会話するようになった。。

元々植物が好きなじいちゃん。。

日本庭園の我が家。

盆栽も好きだったが、だんだん手がかけれなくなって、枯れて行く物が多かった。

そんな中、毎年裏庭でゴーヤを作ってくれて俺にくれた。。

毎年せっせと作ってくれた。

俺が植物に携わる仕事をしている事が嬉しかったのだろう。。

結婚して、嫁や子供も見せれた。。

子供には引かれていたが、じいちゃんは笑顔でいつも子供を見つめていた。。

家を建て、俺と嫁は家の表札に悩んでいた時の事。

オリジナルの表札にしたくていろいろ探していたら、手書きの物を表札できると知った。。

俺はそれをじいちゃんに、頼みたくて実家に帰った時に聞いてみた。

初めじいちゃんは断った。

「字が綺麗に書けならいから、やめてくれ」的な事だった。

確かに達筆だったじいちゃんの字は小学生並の字しか書けなくなっていた。

でもそんなんはどうでもよかった。

「.まぁ上手に書けなくてもいいからさ。気が向いたら書いてよ!」

と言って去った。。

数日後。

「こんなんのしか書けないけど」と、書いてくれた。。

嬉しかった。

嬉しかった。。

俺は昔から、こんな感じのガラの悪さで、なんかある度に「なんだ!先生の所の子か!」って言われる度に、じいちゃんの名前をケガした。。

毎回ながら、悪い気はしていた。。

大人になって就職して、じいちゃんの知り合いって人に言われた。

「あんたはじいちゃんの昔の頃にそっくりだよ!」

なんだ。。

じいちゃんも、昔はファンキーだったんだ。。

嬉しかった。

嬉しかった。。

嬉しかった。。。

そして最後の会話は先月。

「じいちゃんもばあちゃんも体に気をつけてね。今度はゴールデンウイークに子供らと嫁が帰るから!よろしくね!また来るね」

これが俺がかけた最後の言葉になった。。

通夜は火葬場が空いていないからと言う理由で少し後になった。

先に顔を見ると言っていち早く帰った兄貴。。

様子を見ていろいろと様子を聞いてくれて段取りを教えてもらえた。

長男だからと言う意識からか、その辺は流石だと思った。

兄貴は初の子供をGWに見せる予定だったらしく、見せれなかった事を凄く後悔していた。。

俺が帰ってじいちゃんのアルバムをさばくっていたら、兄貴も見出して、泣いてた。。

じいちゃんの写真を見てると、そこに写ってるじいちゃんはみんなまんべんの笑顔。。

ダンディーなじいちゃんがそこには沢山写っていた。

ばあちゃんに「ヘェ~ こんなところも行ったの??」とか聞いたら。

「そこはね凄いたくさん貝があってね~」とか当時を思い出して話してくれた。

はっきり言って呆けてたと思っていたばあちゃんが、鮮明に当時の事を語った事に凄く驚いた。。

ばあちゃんがポツリと

「おじいさん、最後はあっけなくいっちゃった。。ほんとあっけなかったなぁ」と。。

たぶんまだまだ生きる。そんな意思をばあちゃんには示していたんだろう。凄く強い人だったんだろう。
そんな人が自分より先に逝ってしまったのでそんな風に思うんだろう。。。

ばあちゃんは完全に呆けてなんかいなかった。。

アルバムの最後のページにあった写真。。



来てくれてたんだ。。。

俺は全然気づかなかった。。

写真を見た親父も不思議がっていた。。

じいちゃんが死んだって聞いた次の日の朝。

市場に行く車の中で。。

泣いた。。。

そしてその写真を見た夜。

泣いた。。

恥ずかしながらこの歳になるまで俺は毎年自分の誕生日にじいちゃんからお祝いをもらっていた。。

毎年毎年忘れる事なく。。

くれた。。

俺は。。。

嬉しかった。

嬉しかった。。

嬉しかった。。。

嬉しかった。。。。

ウルサイだろうと思って俺は子供らを置いて来たが、連れて来た妹と兄貴。。

しんみりしがちの空気を無知な子供らは変えてくれる。。

普段どうりに。。

親父も母も救われただろう。。。

子供って。。

いつでも必要。。

まだ話しておけばよかったと思う事は多々あるが。。

凄い立派な人生だったと思う。。

俺たちに誇りをくれた。

夢をくれた。。

そして俺には大いなる目標をくれた。。

俺は。

97歳まで。。

生きる!

絶対に。。

人生に目標なんて建てた事はなかったが。

俺の人生目標は決まった。

その歳で何を見た??

何が見えた???

俺も。。

見てぇ。。。

ありがとう。

じいちゃん。。。

いつか俺は。

じいちゃんを超えたい。。。

そして。。

一億円札を作っていたじいちゃん。。



ユーモアは。。

しっかりと。。

受け継いで。。

ます。。。

戦争を経験し、教育者を経験し、ひ孫まで見れたじいちゃん。。

凄く濃い人生を歩んだじいちゃん。。

俺なんか、なんでも用意されてる時代をただただ平和に、無難に生きてるだけだよ。。

そのくせそれでも文句言ってさ。。

まだまだクソガキだね。。

立派になるかは自身がないけど。。

俺。。

まだまだ。。。

頑張るっす。。。

身内が死に、それによってまた家族の団結心も生まれた。。。

カーメンカーメンは。。

不滅です。。
スポンサーサイト

終「カーメンカーメン」 プレジデントコラム

今年も終わりだね。

クソ働いてました。

本当に家族にはいい迷惑かけてます。

クリスマス開けから子供達が起きてる姿見てねぇな。。。

早く遊んでやりたい。。

毎年、年の終わりにとか言いやがりますが、自分にとっては人生の通過点でしかないので、特別年にはこだわりはない。

なので、忘年会とか新年会とかあまり興味もないしやらない。

まぁいつでも飲みたい時に飲めばいいじゃんと思ってるけど。。

忘年会や新年会は飲むためのきっかけだけだな。。

でも今年は今年で振り返るとしよう。。

仕事。

昨年同様、切花の部署を任される。

飽き性なので、切花にインテリア部門をくっつけて、切花資材もやってみた。

来年は生態部門も吸収する。

はっきり言って。

クソ忙しい。

切花だけやって見てわかった事。

切花はやる仕事が決まっている。

毎週3回のセリと、それに伴う前日販売。

セリ日は朝4時起き。 

現場も支持しないといけないので基本ラストまで。

物日は死ぬかと思う。

一年変わらずの作業。。

完全に裏方で日の目を見ない。

そんな事を一年間やった。

ワカンなかったから。

それで二年目。

一人の営業マンに言われた。

「亀山君、最近余裕が無いね」

図星であると同時にクソカッコ悪かった事に気付く。。

そうだ。

俺はもっと余裕ぶって仕事しないといけない。

時間に追われている。

そんな自分がカッコ悪かった。。

だから前に進もうと思って、切花プラスの仕事を増やした。

矛盾していると思うが、これが俺にとっては正当なのだ。

新しい事をやって、切り開く。

新しい人と出会って成長する。

常に刺激を求める方が俺には向いている。

ふつーお客に対して「余裕がない、カッコ悪い」なんて言わねぇだろ?

菅沼君。

ありがと。

俺には昔ながらのいい業者さん達ががまだついてきてくれる。。

資材で培った人間関係も壊したくない。

壊さない。。

無駄な仕事はしたくない。

来年は生態。

とりあえず、資材やって、切花やったら、資材も生き物もできるだら。

って発想でしかない。

志願させていただいた以上。

ヤるよ。。

何より印象的だったのは今年の松市のカズさんかな。。

EXILEよりカッコ良かった。

同じく松市で福島の荷物を売った山田君の一言。

「みんな忘れちまったのか!」

かっこよかったよ。

同じく同じく松市でカズさんの後を継いだ澤兄。

大舞台でもちょークールにいつも通りのスタンスはちょークールだった。

菊のドS大王の今年の名言は

「死ねジジイ!」

「誰に落そ~かな~~??」

だった。

はっきりいってカリスマだよ。。。

アイドルより、芸能人よりカッコいい一般人はまだまだいるんだなと思った。。

浜松市場の競り人はみんなカッコいい。

俺からしたらみんな年上の兄貴達ばっかだ。

年上だろ。

また俺にかっこいいトコ見せて下さい。

来年もどーぞよろしくです!

団子や鈴木君。

売り上げになんなくて悪い。

またいつかちゃんとした形で恩を返したい。。。

団子屋台。

またやれるようにしていくよ。

一期や 大西洋クン。

今年は一度もライブ参加できなくてごめんね。

ライブはちゃんとやっていくからよろしく頼むよ。。。

おとんとおかんにも会いてえぇなぁ。。。

ちーと有名になったね。

大変だろうけどがんばって!

俺も負けねぇよ。

元資材でお世話になった皆さん。

年末のあいさつにわざわざ来て頂きありがとうございました。

まったくもって今年は役には立てなかったけど来てくれてうれしかったです。

いずれまた同じ分野で仕事してぇですのでそれまで少し待っててください。

きっとおもしれーことやっちゃいますので。

今年もいろいろな人に迷惑かけたな。

来年もいろいろな人に迷惑かけよう。

それでも一緒に仕事できる人だけで俺はいいや。

きっと来年は、またおもしれぇ年にします。


プライベート。

倫太郎が五歳になった。

ジョージが三歳になった。

心が一歳になった。

嫁が三十六歳になった。

俺が三十四歳になった。

みんな。

成長した。。。

俺の大切な宝物。

嫁には迷惑かけっぱなしでいつも怒られっぱなし。

来年もそうなるだろうな。。

ごめんなさい。

でも。

よろしく頼むわ。。

今年は兄貴んところに子供が産まれた。

こんなにめでたい年はない。

これで俺の兄弟はみんな子供ができた。

また一段と兄弟での会話も深まりそう。

なんだかんだいっても兄弟・家族が一番大切だ。

亀山家。

一員として誇りに思っている。。

友人。

同級生・幼馴染。

最高の仲間。

家族を持ち、借金して家を買い。

同じ境遇を分かち合い・楽しめる。。

俺は育った環境が良すぎた。

クソ田舎のクソファッキンなつれども。。

最高最強のメンバー。

心を許せる唯一無二。。

だから。

そだった環境。

故郷は毎年毎年どんどん好きになっていく。。

いつか。

また地元を盛り上げよーぜ。

来年何しよーかな。。

何買おうかな。。。

目標は特にない。

そうだ。

もっと自分の家の庭の事しよ。。。

あとバイクにも乗りたいな。。

新しい彫り物も入れたいな。

新しい靴も欲しいな。

モヒカンか金髪にしたいな。。

どこか行きたいな。。。

やりたいこと。

たくさんあるな。。。

最後に。

これだけは言いたい。

やっぱり俺凄いわ。

天才だわ。

天才でよかった。。。

誰にも負けねぇし負けたくない。

年上にも年下にも。

自分も他人も甘やかしはしない。。

でも

助けて欲しければ全力で助ける。

ふ抜けたことは言いたくない。

言わないでほしい。

さらなる高みへ。。

さらなる高みへ。。。

さらなる高みへ。。。。

さらなる高みへ。。。。。

さらなる高みへ。。。。。。

さらなる高みへ。。。。。。。

俺はいけるのだろうか。

俺は一緒に行ってくれるだろうか。。

。。。

さぁ。

来年もやっちゃいますか。。。

世話になった諸君。。

よい。。

お年を。。。

この4日間。

少しでも気を抜くと倒れそうなくらい眠い。。

目も霞んできやがる。。。

自分も若いんだろうが20代には勝てねぇだろうが。

それでもそいつらより働いて絶対に勝てないようにしてやるよ。

求めているのは金じゃない。

経験値。。。

まぁそのうちわかるよ。。

なので。

俺は新年を迎える前に。

寝ます。。。

お休みなさい。。。

選 「カーメンカーメン」プレジデント コラム

選挙。

20歳までは全く興味もなかった。

記憶にある一番初めの選挙はたしか親父に連れて行かされた。。

何にもよくわからなかったのでその時は言われるままに投票した。

それからしばらくまた選挙には行かなかった。

就職してから少し経ち、やっと自分で行ってみようという気になった。

そして今は少なからず参加しないといけないという気持ちが強い。

特に子供ができてからは、今をどうにかしろとはそんなに考えないが、子供たちの将来を考えれば、それに向かって動いていくことは今からしていかないといけないと感じるようになった。

追い討ちをかけるように 原発 TPP 景気 雇用 育児 などの問題がものすごく深刻な現状だ。

各党の出すマニフェストですべて自分の考えと一致する党がない。。。

さて。

どうするかな。。。

個人的にどの党がどうこうなんてここで言う事はない。

それぞれがそれぞれに感じるところに入れればいいと思う。

しかし一番引っかかるのが、果たして力を持った党がそのマニフェストを果たせるのかということ。

何回も裏切られてきた経緯もある。

何事も。

有言実行してもらいたいものだ。

自分も正直なところわからない言葉や仕組みもまだまだ多々ある。

勉強しないといけないと思う。

あともし日本を変えるのであれば何が一番かというと。

間違えなく。。。。

若者。

だと思う。

若者を動かすことのできる党。

むしろ若者が党を作ってしまえばいいと思う。。

そのためにはもっとマスメディアが若者にわかりやすく興味を持たせるようにしなくてはならないと思う。

現在の方向性は。

間違っているといえる。

いや。

ジジイどもが若者を恐れているとしか思えない。

所詮現在の選挙は自分のように毎年入れている人しか入れない。

必然的に絶対数が上がらず、毎回多少の優劣ができるくらいで大きくは変わらない。変えれない。

変えれるのは選挙に行っていない絶対的に人数が多い20代だと思う。

選挙権が10台まで下げることができたならば。

日本も変わるかもね。

若者を育てる。。

何事にも。

大切であると思うと同時に。

ふ抜けた若者でしかないのなら。

ふ抜けた社会になるだけだ。。。。

あとから文句言う前に。

やっとけよ。。。

今でこそ思う。

初めて選挙に連れて行ってくれた親父は正しい。。

俺もそういう親父にならなくてはと思う。

ありがとう。

親父。

まだまだ30代。

偉そうに日本を語れる年でもないのは十分に承知の上。

やっていきたい所存。

未来は僕らの手の中。。

やっぱりブルーハーツは。。

正しい。。。

パンクロックで。

日本は変わるかもね。。

「カーメン党」。

作りてぇな。。。

できたらみんな。

モヒカンね。。。

人 「カーメンカーメン」プレジデント

時々思う事がある。。

人間を食う生物はいないのか??

人間を餌にする。。

もしそんなんがいたら、人間はもっと必死に生きるだろう。

ほんと時々思う。。

昔から生物が好だった。

他の種は餌になる弱き物を喰い。

むしろ同種で殺し合って喰う。。

子どもだろうが関係ない。

自分が生きるため。

種を繁栄させる事だけを目的に喰って生きる。。

決して。

笑わない。。

もし、今後人間を餌にする種が現れたら。。

と。。

だから、エイリアンや地球外生命体とかの映画が大好きだ。。

多分、戦争を経験したものであれば少しはわかるのだろう。。

だから。。

ジジイやババアはすげぇと思う。。

決して戦争はよくないし経験もしたく無いが。。。

だから、悩みや疲れなどはどうでもよく思える。。

生きる事を考えれば。。

どうでもいい。。

人生は短いから楽しく生きる。。

間違えではないと思うが。。

未来へ繋げる事。。

繁栄させる事。

精一杯生きる事。。

今後ももっと考えなければいけない。。

と。

思う。。。

少しでも長く生き。

生きる事を。。

考えて行きたい。。。

何故ピラミッドの頂点が人間なのか??

人に害を与える物は全て悪なのか??

人間を襲う熊を。

自己防衛を図る者を。。

悪と思うのか。。

頂点だから貴重なものをうまいからと言って殺して喰う。。。

そんなに偉いのか。。

まさに贅沢時代だ。。

本当に、これでいいのか??



時々思う。。。。

何にしても。。

人間は何かを考えればならないだろう。。

科学者だけではない。

庶民でも。。。

そう考える事。。

教わる事。。。

教える事を。

生物が好きだ。

虫も動物も。。

大好きだ。。。

学 「カーメンカーメン」プレジデント コラム

ある人に言われた。。

「偉くなったら、上からは学ぶな。とにかく下から学べ」

と。。。

俺も最近ではそう思う。。。

今の自分は下から学ぶ事が必要とされている。。

昔は(自分が下の時)はとりあえず上しか居なかったから、上からいろいろ学んだ。。。

下が出来るにしても、上ばかり見ていた。。。

社内的にもそう、社会的にもそう。。

偉い人の意見や言葉や言動は、見本だと。。

勝手にそう解釈していた。。

偉い人だから憧れもある。。

そこに従っていけば間違えはない。。

だから楽なんだ。。

しかし。

立場が変わればそれも変えなくてはならないと。。

その人はこうも言った。

「自分が苦手なタイプに背を向けるな。逃げるな」

と。

まさに俺は逃げてきた。。

めんどくせぇから。

苦手だから。。。

それでもいいと感じていた。。

俺がなんでこんな奴のためにしてやらなくちゃなんねぇんだって。。

でも。。

そんな小さい器じゃダメだってことなんだな。。

地位は関係ないにしても、人として、歳を重ねるにして、自分の価値。。

意味があんのか??

価値があんのか??

歳とる意味あんのか??

歳とっても器がちいせぇ人間なんかかっこ悪りぃ。。。

花屋が出来ても、他に価値がなけりゃなんにもなんねぇ。。

なんもしなくても時間だけは待ってくれない。。。

そう思った。。。

少しずつではあるが。

自分を見直そう。。

少しプライドも下げるが。。。

しかたねぇ。。

と思ってた矢先の事。。

うちの会長が発した発言で、またしても心が揺れた。。。

凄すぎる。。。

多分聞いていた人のほとんどがその凄さを理解していないだろうが。。。

なんなんだろ。。

この人。。

このじいさん。。

まさに俺の理想。。。

まだまだ偉い人間からも学ぶ事が沢山ある。。。

結局。。

誰しもから。

学べって事だよな。。。

だから。

まだまだ。。。

勉強せねばと。。。

クソ思う。。

クソ思う。。。

そして。。

俺の勉強方法はただ一つ。。。

「Don't think, feel!」

当分の間。。。

考えず。。

感じてみるよ。。。

34。。

いい歳じゃねぇかょ。。

まだまだじゃねぇかよ。。。

もっともっと。

カッコよく。。

なりてぇよ。。。

そう。

クソ思う。。。
かめプロフィール

カーメン

Author:カーメン
愛知県のモンスター園芸店「ガーデンガーデン」で三代目店長として存在しています。既婚で3人の子供たちがいます。毎日「ウリィィィィィィ」な気分です。
完全個人的感性で書いていますのでノークレーム・ノーリターンでお願いします。

つぃった~
お品書き
最近の話
温かいご返事
最新トラックバック
月刊かめぶろ
戦闘力
カーメンレーダー
1
あなたの愛を
RSSリンクの表示
すぺしゃるさんくす
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。