FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昇」カーメンカーメン

水昇岩というのをご存じだろうか。

たまにフェイスブックやインスタで紹介していたものだ。

主に山野草や盆栽を植える鉢の事だ。

特徴としたら字のごとく、水を吸い上げる鉢なのだ。

なので受けさらに水をためておけば自動的に鉢が吸い上げてくれるという優れもの。

俺は以前から注目していた。

以前の久田さんではないが、昨年の9月からまた仕入担当をやることとなり、水昇岩も管轄となった。

昔から知っている方で、昔担当をしていた時も工房へ遊びに行きいろいろもらってきた。

昨年よりまた水昇岩コーナーを復活させ商品の導入を促した。

工房へ行くといろいろな鉢を選び、こういうものはできないのか?とかこれが欲しいとかわがままを言わせてもらった。

そんでもって必ず。

「まぁ お茶でも飲んで行って」

といいお茶やコーヒーを出してくれる。

そんでもって必ずその親父は決まってコーラを飲む。

ジジイがコーラを飲むって。。。。

俺はすごく好きなタイプなんだ。

そんでもって必ず。

「大変だろうからこれ持って行って」

といって栄養ドリンクをケースでくれる。。

とっても優しい気さくな方だ。

話は戻ってなぜ水昇岩に注目していたか。。

それは、今や盆栽をやる人口は激減した。

むしろ今後できる人間がかなり限られる。

面白味もあるだろうが、これからの時代日本の盆栽というのは非常に衰退する。

と予想した。

盆栽にはとても高度な技術がいる。日本人にしかできない芸当でもある。世界に誇れる文化だと思う。

しかし。

衰退する。

花屋が言うのだからあながち間違えではない。

そこで盆栽に代わる商材として(本当に変わるのかわからないが)水昇岩を提案した。

盆栽においてとてもネックになるのは水やりである。

盆栽に使われる鉢はすべて薄い。

土というより砂が入っているため保水が悪い。

なので夏場1日でも水が切れれば死亡する。

いわばどマニア商材でもある。

その点水昇岩は水を吸い上げるためためておくことが可能。

盆栽とはまた違った和の形。

「盆景」

というジャンルを開拓できる。

自然に近い景色を、小さな鉢で演出できる。

現代においては若者すら興味を示すと思う。

すぐに火はつかないにしても必ずいつか需要が来ると思っていた。

売り場も以前の3倍に拡大し、見本の商材もいろいろ提供してもらった。

まぁ何より俺はその親父が好きだった。

腰が低くいつも元気。

常に前向きにさせてくれる。

そんな親父が。

死んだ。。。。

厳密には

死んでいた。。。

突然の知らせだった。

そんなことまったく知ることなかった。

昨年12月の頭に亡くなっていたらしい。。。

そう。

久田さんとほぼ同じ時期に。。。

急性の白血病らしい。。。

何だよ。

それ。。。

昨年の夏に

「俺は人生で初めて入院した。」

なんて笑いながら言ってた。

それまで病気なんて無縁だったと。。

入退院を繰り返し、暇を見て当店にも来てくれていた。

「今は暇な時期だから配達サービス」

とか言いながら。。


おばさんがまだ工房にいるのではと聞き駆け付けた。。

おばさんも疲れた様子で

「ようやく注文分がおわったよ」

と。

「肋骨が痛くて風邪気味だよ」

と。

親父さんは本当に急だったみたいだ。

当日は病院に行く予定で(検査のため)だけどなんかやな予感して入院の準備もして行ったらしい。

病院に行く前にどうしても窯のことが気になって作業場に行ったらしい。

そしたら窯の方から

「おーい おーい」

という声が聞こえておばさんが駆けつけた。

そしたら窯の下に落ちていたらしく(段差になってるとこ)自力で上がれなかったらしい。

おばさんも助け出すのにやっとでそのまま病院に。

その次の日には亡くなってしまったらしい。

おばさんも駆けつけた時にはすでに心肺停止していたらしく。

「なーんも言えなかった。手も暖かかった。あまりにも一瞬で未だに死んだなんて思えないんだよね」

なんて言ってた。

親父さんが亡くなっても、残っている注文分はやらなくてはならなく、毎日必死に作っていたらしい。

3月には仕事も閉めるという事だった。

女手ひとつでは到底やってはいけない。

「おばさん。ここにあるものすべてうちのお店で買います。」

俺にはこれしか言えなかった。

親父さんの残した作品。

まだまだ足りないくらいだが、必死に作った作品たち。

全て。

売らさせてもらう。

水昇岩。

手作りでできる人は日本に1名。。

その1人も

亡くなってしまったんだな。。

残念で仕方ない。

しかし。

前を向いていきたい。

関わりを持ったいじょう少なからず使命はある。

やれる事しかできないが、やれる事はやろう。

北原さん。

こんな若造に付き合ってくれて。

今まで。

ありがとうございました。。。

俺もジジイになっても。

コーラ。

飲んでますよ。きっと。







スポンサーサイト

赤 カーメンカーメン

先日、久田さんが亡くなった。

68歳。

脳梗塞だった。。

たぶん誰だかわからないだろうから簡単に説明しよう。

当店でオープン当初くらいから付き合いのある方で、主に陶器鉢の輸入を手掛けていた。

当店で馬鹿みたいに陶器鉢を売った時代を支えてくれた方でもある。

タイ専門で、俺も入社して3年目くらいにタイに行かせていただいた時には現地でいろいろと案内してくれた。

自分とははじめはあまり縁のなかった方で、向こうもあまり気にはしていない感じだったと思う。

女の子が好きで、タイに行ったときにも俺には一切なんにもしてくれなかったが、一緒に行った女の子にはいろいろとしてあげてた。。。

お店にも定期的に来ていた。

お店に来るときは必ず赤い帽子をかぶってくる。

しかも毎回違う。。。

しかも毎回変な帽子。。。。

ジジイが赤い変な帽子かぶってりゃ目につくわな。。

なので印象は強かった。。

そんなこんなで自分が陶器の担当になった時から本格的なお付き合いが始まる。。

自分も陶器には興味があったのでいろいろ教わったし、いろいろ要求もした。

オリジナル商品をどんどん作らせ、それに対してとても協力的だった。

面白くなくてはダメ。

たぶん彼のポリシーだろう。

遊び心が大事。

オリジナル品も結構クレイジーなものもあった。

陶器に加え、サンデーマーケット(現地の市場)で買い付けた造花や雑貨などもちょくちょくやった。

楽しそうに仕事していた。。

それから自分が担当を離れ4~5年経つ。

今年の9月からまた担当になり、久田さんを呼び出した。

それまでの4年間 陶器の需要も減り当店への入荷も減っていた。。

確かに販売量も減っているし 大量に売れなくなった。

しかし自分にはタイの商品はまだまだ魅力があった。

一つにはオリジナルを作りやすい点だった。

9月に会ったときはあまり元気がなかった。(体は元気だったが)

もうあまり売れなくなって仕事もだいぶ減って、ぼちぼち辞めようかと思っていた。

といった。

それは困る。俺が担当になって辞められたら困るからまだやってほしいと頼んだ。

そしたら、もう一度やろう!と心強い返事が来た。

それからの商談は依然と同様、前向きな姿勢に当時を思い出した。

また帽子をとり。

「ほら。どうだ!」

と言ってきたので。

「どーしたんすか??」

「髪の毛が生えてきたんだよ!。わかるか!最近髪の毛が生えだしたんだ」

と嬉しそうに語った。

毎日シジミ汁と何かを飲み続けていたら生えてきたらしい。

みんなに自慢していた。

それから毎回来るたびに「どうだ!」と言って会社内を回っていた。。

相変わらずのジジイだなと思っていた。

そんな久田さんが亡くなった。。

突然だった。

お通夜にもいったが、実際に顔を見ることができなかった。

棺桶と写真だけ。。

なので。

実感がわかない。。。

全然。

実感がわかない。。。。

今月タイに行って春のコンテナの最終調整に行く予定だった。。

まだ生きてんじゃねぇかと思っている。。

でも。

死んだんだ。。。

これから先。

頼れねぇ。。。

まぁそんなことはどうでもいい。

仕事の。

遊びの。

楽しさを教えてくれた久田さん。

ありがとうございました。

あなたのくれた赤い帽子は。



受け継がれています。。

そして。

俺は。

忘れない。。。

「洋」カーメンカーメン

俺の中にはもう一人の親族がいる。

決して血は繋がってはないが。。

一人は以前紹介した我が社の会長。

俺を拾ってくれて、人間の広さを教えてくれる人。

俺はもう一人の親父と思ってる。

そんでもって俺には血の繋がってないもう一人の兄貴がいる。。

俺にいろいろ教えてくれた同世代の人間。

俺とは三ヶ月位しかかわんないんだけど(誕生日が)、絶対的な存在。

俺が尊敬という言葉を使える人。

彼との出会いは俺が大学生の頃。

アルバイ先の先輩。

当時を振り返ると、同じ敷地内で俺は二階のビリヤードでバイト。兄貴は一階のゲームセンターでバイトしていた。

きっかけは彼の方から。

もともと面倒見のいい人だったのでその時も関係はなかったが彼の方から誘ってくれた。

当時の俺は、まぁわりかしトンガってて、あまり中途半端な仲間というのは避けてた。

なのでバイトはバイト。それ以外に関係は持たないというわりかしドライな人間だった。

そんなオーラを出していたにも関わらず近寄って来たのが兄貴だ。

何気ない一言で兄貴の家に行くことになる。

それからはお互い意気投合でほぼ毎日兄貴の家に通った。

バイト終わりは兄貴の家で飲むのが日課だった。

バイト終わりと言っても朝の6時から飲み出すという昼夜逆転の生活をしていた。

毎晩ギターを弾いて、サッカーのゲームして。

兄貴にはいろいろ教わった。

1番は人との繋がりを大事にする事。

俺が最も面倒くさいと思っていた部分だ。

兄貴は幼い頃、転校転校ばかりだったらしい。

その分人とのコミュニケーション、繋がりを子供ながらに身に付けていたのだと思う。

本来なら転校転校となると人との繋がりを拒みそうだが。それが兄貴のすごいところ。

俺が最もないところ。

それが当時の俺にはすごく影響した。

悪い事もいっぱいやった。

兄貴も俺も。。

すげー可愛がってもらった。

三ヶ月しか違わないが、まちがいなく俺より優れていて尊敬できる。

だから俺には。

兄貴。

なんだ。

そんな兄貴に10年ぶりに再会した。

兄貴は少し太っていて、大都会で頑張っていた。

すげーストレスを抱えて。。。

それでも話すと兄貴なんだ。

やっぱり俺より一個先に行ってる。

多分俺は兄貴を越えれないんだなと思うと同時に兄貴にも俺という刺激を与えないといけないと思う。

なので。

兄貴以上に。

やってやる。。

久々の再会で俺はまた成長したと感じた。

そうさせた兄貴。

やっぱり。

兄貴だ。

兄貴がこの記事を見ることはないと思うが、俺がずっと忘れられない事。

それは。

毎晩食ったピザポテトと紅生姜大盛りの吉牛。。

今でも食べると当時を思い出して仕方ない。。

ピザポテトと吉牛がなくならないのを。

祈ってます。。。

兄貴。

いつまでも俺の先にいて下さい。

最高。

だぜ。。。

兄貴。


侍 「カーメンカーメン」 プレジデント

本日は年に一度の「松市」

松市とは年に一度だけ各地で行われる松だけの市。

ここで買わないと後からは買えない。

年末分をいっきに買う。

なので、競りも気合が入る。

そんで今年の松市は一味違った。。

松の競り人が変わったのだ。。

とても大きな事だ。。

新しい競り人は総長のカズさん。

今まで松市では後ろでサポートしていたが、今年は荷物を集め競りをした。。

まぁカズさんの事だからしっかりやるだろうと思ってたけど。。

想像以上だった。。

こんな文面ではとても表しきれない。。

それくらい凄いものだった。。

久しぶりに感動と興奮した。。

何事も初めての感情ってその時にしか無いものだから、それが良かれ悪かれその場に居合わせた事は何よりの経験だ。。。

全てが全てに思いが詰まっていた。。

一緒に連れて来た後輩も、初めての松市ですげー物見せてもらって感動していた。。

なかなか見れない光景だった。。

本当にそれだけでも感謝してます。。

俺って年上バカにしてきた。

どうせ年上って守りに入って対した事無い。。

学ぶ事ももうあまりないかなと。。

でも違った。。

凄い人は凄い。。

やる時にはやる。。。

すげぇーな。。

カッコいいな。。。

ここにもいたよ。

侍。。。

俺たちは。。

花業界は。

必死に荷物を集めて。

出来る限りお値打ちに販売出来る様に努力している。。

安い物が欲しい。。

それは分かるんだ。

不況だし。金ないし。。。

安く叩けば誰か死ぬんだよ。。。

今回の松市でまた一人の出荷者が消えた。。。

その方は松市の前に挨拶された。。

「今まで支えてくれた方には言葉に出来ない位感謝してます。本当にありがとうございました。」

と。。

じいさんが。。。

俺が担当になってまだ二年位の間に。

優秀な生産者が2人も死んだ。

殺した。

(まぁもっとだろうが、俺が直接辞める方を見て話を聞いたのはという数です)

このファックなブログを見てくれる消費者の方。。

その方に少しでもわかってもらいたい。。

そして、末端の花屋はもっと現状を伝えるべきだと思う。

消費者に。

日本人だろ?

花の文化を捨てるのは簡単だよ。。

伝えるのは俺たちだろが。。

時代の現状も、分かる。。

こちらの現状も。

知って欲しい。。

さぁ。。

松並べていきますので。。

よろしくっす。。。

カズさん。

お疲れさまです。

また来週も。

よろしくっす。。。

うちの侍の好きな食べ物。。



子供のくせに。。。

すげ~でしょ。。

熊 「カーメンカーメン」プレジデント

いつもお世話になっている市場には、熊と戦った人がいる。。。

生花の競り人のボス。

「キング カズ」

または。。

「スタンガン コヤナギ」。

一部ではこう囁かれている。。

見た目は、やーさんみたいだけど。。。

そんなカズさんに。

「ブログどうしただ?意味しんだな。どっかいくのか?」

と言われたので。

「とりあえずホームページからは消しました。まぁ一部では俺のブログもよく思われない人もいるんで」

と言ったら。

「なんだ?そんなことあんのか?あぁ?いいじゃんかなぁ?あぁ?なんだそりゃ!ああ?」

とヤンキーバリバリの口調で話してくれた。。

カズさんは見た目は怖ぇけど、凄い優しい人。。

しっかり付き合ってる人には、分け与えるから、だからみんな好き。。。

でも、時々、若手のセコンドに回ると完全にやーさんになる。。

「オラ!買えんのか?オラ!買えこの野郎!売らねぇぞ!オラ!」的な。。

最強のセコンド。。。

そーたくん、セコンド最強で良かったね!

そして、最近の少し気になってる事を若手に聞いた。

「カズさんの頭の後ろに熊に引っかかれた傷があるけどさぁ。熊と戦ったの??」

と聞いたら。

「皮膚っすよ!皮膚!そんな事を言ったら殺されますよ!」と。。。

「えっ?あれオシャレじゃねーの?俺ワザとやってたと思ってた。EXILEの横線に対抗して縦線かと。。。」

「とりあえず殺されますよ。。。」

。。。

熊じゃねぇのか。。。

まぁ、しかしとりあえず熊と戦った事にして後輩に言っておいたよ。。

はじめの一歩の鷹村並だったと。。

ねぇ。

カズさん。。

俺。。

ヤンキー。

好きっす。。。



赤い帽子がカズさん。

流石に後ろ姿撮らせてといったら殺されそうだったので、隠し撮りした。。

呆けていますが、素顔を撮ったらきっと。。

「ブログごとお前も消してやろうか!あぁ?」

と言われそうなので。。。

やめときます。。。
かめプロフィール

カーメン

Author:カーメン
愛知県のモンスター園芸店「ガーデンガーデン」で三代目店長として存在しています。既婚で3人の子供たちがいます。毎日「ウリィィィィィィ」な気分です。
完全個人的感性で書いていますのでノークレーム・ノーリターンでお願いします。

つぃった~
お品書き
最近の話
温かいご返事
最新トラックバック
月刊かめぶろ
戦闘力
カーメンレーダー
1
あなたの愛を
RSSリンクの表示
すぺしゃるさんくす
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。