スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昇」カーメンカーメン

水昇岩というのをご存じだろうか。

たまにフェイスブックやインスタで紹介していたものだ。

主に山野草や盆栽を植える鉢の事だ。

特徴としたら字のごとく、水を吸い上げる鉢なのだ。

なので受けさらに水をためておけば自動的に鉢が吸い上げてくれるという優れもの。

俺は以前から注目していた。

以前の久田さんではないが、昨年の9月からまた仕入担当をやることとなり、水昇岩も管轄となった。

昔から知っている方で、昔担当をしていた時も工房へ遊びに行きいろいろもらってきた。

昨年よりまた水昇岩コーナーを復活させ商品の導入を促した。

工房へ行くといろいろな鉢を選び、こういうものはできないのか?とかこれが欲しいとかわがままを言わせてもらった。

そんでもって必ず。

「まぁ お茶でも飲んで行って」

といいお茶やコーヒーを出してくれる。

そんでもって必ずその親父は決まってコーラを飲む。

ジジイがコーラを飲むって。。。。

俺はすごく好きなタイプなんだ。

そんでもって必ず。

「大変だろうからこれ持って行って」

といって栄養ドリンクをケースでくれる。。

とっても優しい気さくな方だ。

話は戻ってなぜ水昇岩に注目していたか。。

それは、今や盆栽をやる人口は激減した。

むしろ今後できる人間がかなり限られる。

面白味もあるだろうが、これからの時代日本の盆栽というのは非常に衰退する。

と予想した。

盆栽にはとても高度な技術がいる。日本人にしかできない芸当でもある。世界に誇れる文化だと思う。

しかし。

衰退する。

花屋が言うのだからあながち間違えではない。

そこで盆栽に代わる商材として(本当に変わるのかわからないが)水昇岩を提案した。

盆栽においてとてもネックになるのは水やりである。

盆栽に使われる鉢はすべて薄い。

土というより砂が入っているため保水が悪い。

なので夏場1日でも水が切れれば死亡する。

いわばどマニア商材でもある。

その点水昇岩は水を吸い上げるためためておくことが可能。

盆栽とはまた違った和の形。

「盆景」

というジャンルを開拓できる。

自然に近い景色を、小さな鉢で演出できる。

現代においては若者すら興味を示すと思う。

すぐに火はつかないにしても必ずいつか需要が来ると思っていた。

売り場も以前の3倍に拡大し、見本の商材もいろいろ提供してもらった。

まぁ何より俺はその親父が好きだった。

腰が低くいつも元気。

常に前向きにさせてくれる。

そんな親父が。

死んだ。。。。

厳密には

死んでいた。。。

突然の知らせだった。

そんなことまったく知ることなかった。

昨年12月の頭に亡くなっていたらしい。。。

そう。

久田さんとほぼ同じ時期に。。。

急性の白血病らしい。。。

何だよ。

それ。。。

昨年の夏に

「俺は人生で初めて入院した。」

なんて笑いながら言ってた。

それまで病気なんて無縁だったと。。

入退院を繰り返し、暇を見て当店にも来てくれていた。

「今は暇な時期だから配達サービス」

とか言いながら。。


おばさんがまだ工房にいるのではと聞き駆け付けた。。

おばさんも疲れた様子で

「ようやく注文分がおわったよ」

と。

「肋骨が痛くて風邪気味だよ」

と。

親父さんは本当に急だったみたいだ。

当日は病院に行く予定で(検査のため)だけどなんかやな予感して入院の準備もして行ったらしい。

病院に行く前にどうしても窯のことが気になって作業場に行ったらしい。

そしたら窯の方から

「おーい おーい」

という声が聞こえておばさんが駆けつけた。

そしたら窯の下に落ちていたらしく(段差になってるとこ)自力で上がれなかったらしい。

おばさんも助け出すのにやっとでそのまま病院に。

その次の日には亡くなってしまったらしい。

おばさんも駆けつけた時にはすでに心肺停止していたらしく。

「なーんも言えなかった。手も暖かかった。あまりにも一瞬で未だに死んだなんて思えないんだよね」

なんて言ってた。

親父さんが亡くなっても、残っている注文分はやらなくてはならなく、毎日必死に作っていたらしい。

3月には仕事も閉めるという事だった。

女手ひとつでは到底やってはいけない。

「おばさん。ここにあるものすべてうちのお店で買います。」

俺にはこれしか言えなかった。

親父さんの残した作品。

まだまだ足りないくらいだが、必死に作った作品たち。

全て。

売らさせてもらう。

水昇岩。

手作りでできる人は日本に1名。。

その1人も

亡くなってしまったんだな。。

残念で仕方ない。

しかし。

前を向いていきたい。

関わりを持ったいじょう少なからず使命はある。

やれる事しかできないが、やれる事はやろう。

北原さん。

こんな若造に付き合ってくれて。

今まで。

ありがとうございました。。。

俺もジジイになっても。

コーラ。

飲んでますよ。きっと。







羊 カーメンカーメン

あけましておめでとうございます。

まぁ少し遅いですが。

今年もよろしくお願いします。

さて本年はもう始まって20日ほどたちますが。

今年の抱負を今更述べても仕方ないので違うネタにします。

今年にというかわが社の今期に関して少し力を入れているのが。

学校関連だ。

今までも花育というとても聞こえのよい言葉を借りていろいろやってきた。

当店も担当者が代わるとやはりサービスや何かが変わってしまう感が否めない。

それがいい面でもあり悪い面でもある。

さしあたり花育関連は自分が資材の担当の時に勝手に立ち上げた事で、それ以降は引き継ぎ引継ぎで。

正直前年と同じことを毎年繰り返していた。

店長になり、ある程度その手の仕事に手が入れれるようになった。

豊橋に限ってはあるが、学校関連に関して今後いろいろ提案をしていきたい。

実際学校や保育園でも先生や学校力の入れ具合で花に対する考えも変わってくる。

なので、必然的によく使うところと使わないところが大きく分かれてしまう。

が。

その環境で育つ子供にとってはどうなんだろう??

田舎なら畑や田んぼなどが当たり前のようにあり、手伝いすることも当たり前とされた。

子供ながらにそれ(植物を育てること。できたものを食べること)が身についていた。

都会や畑や田んぼになじみのない子供はどうだろう。

食べ物は当たり前のようにある。

作るものではなく買うものだ。

まぁそれはそれでいい。

ただ過程というのは何にしても知っておく、やっておく必要はあると思う。

そこから新しいことができる子供が育つかもしれない。

朝顔の種をまいて、花が咲いた。

ただそれだけでも何かを感じる子供がいるかもしれない。

何も感じないかもしれないが。

それはそれ。

ただただ、可能性のためだと思う。

会社というのは金儲けすることがすべてではない。

社会に貢献しないと会社ではない。

勝手な考えであはるが、花屋にできることは。

しつこく宣伝して、使ってもらうこと。

また、お金を少しでも出して買ってもらうこと。

やはりなんでもただでできるのと、金をかけてやることでは意味も変わってくる。

プレゼントするときもあるが。

それは。

それ。

基本はお金を払ってでもやるかどうかだ。

お金を払ってやれないことなら、そもそもそれだけの価値しかないのだ。

判断は。

自分たちで。

してくれ。

協力できることがあれば。

やります。



先日近くにある愛知県東部家畜保健衛生所という長い名前の場所へ用事があっていきました。

そこで話した女の子が。

「場所はどちらですか?」

「ガーデンガーデン」ですが。

と言ったら。

「??」

「行ったことないです。」

「しらないの??」

「近いよ」

「知りません」

では一度来てよ。

といってきてもらいました。

「この道よく通ります」

「入ったことないの?」

「ないです」

「全然知らなかったの?」

「知りません」

「なんで?勉強不足じゃないの??」

「私豊橋出身ではないので」

そんなことはどうでもいいです。

アピール不足。

まだまだ井の中の蛙ですね。

宣伝せねば。

す。。。。 

末 カーメンカーメン

今年も終わります。

今年の大きな変化としたら俺が店長になったこと。

これは非常の大きいことだ。

店長になってから再確認したこともいっぱいあるし、今後を今以上に考えるようになった。

最近は10年後、20年後を見据えた大きな規模で園芸を考えている。

正直どうなっているかなどわからない。

が。

わからないが正解でいい。

自分の感じるままに。

未来へ進んでいこうと思う。。

今年店長になったといってもまだ4か月。

来年からが勝負の年。。

実際業界の力も衰退してきて、いい状態とは言えない。

が。

やっていないこと。

やりたいこと。

まだまだいっぱいある。

それができるまでは。

結論にはならない。

そのためには絶対的な協力者がいる。

来年からはその絶対的な協力者を今以上に見つけなくてはいけない。

それは俺の今後のパートナーでもあると信じている。

俺一人では荷が重いことは事実。

パートナー探しも楽しみだ。

志の高い者たちのみ。

求む。

36歳という年齢が早いか遅いのかわからないが。

同じ年で、年下でも社長をしている子もたくさんいる。

できる人がたくさんいる。

いろいろな刺激をもらいながら、負けないようにしたい。

世の中の移り変わりが早い。

遅れれば取り残されるだけ。。

古い考えには固執しない。

業界に固執しない。

人に固執しない。

会社に固執しない。。

そもそもが。

自由なのだと思う。

発想。

信念。

表現。

再構築。

大事だと思う。

今年は新しく社員になった子、新しく準社員になった子達の活躍が非常に目立った。

非常にうれしい事だ。

出てくる芽は。。。

どんどん。。

伸ばしてやるよ。

来年は。

「開拓」イヤーにします。

ますます。

楽しみだ。。。

このブログも月に大体2~3回となり消滅するかしないか的な立ち位置ですが。。

まだまだゆるく続けていこうと思います。

現在のSNS活動

ブログ・・・・コラム的なもの。気が向いたら書く
フェイスブック・・・割かし更新してます。お店の情報系を載せてます。
インスタグラム・・・植物と雑貨の掲載が主です。
ユーチューブ・・・生体がメイン。ほかはイベントの動画です。←最近やり始めました。

と幅広く、ゆるくやっていますので興味のある項目がありましたら是非お越しください。

一年間ありがとうございました。

店長になって思うこと。

当店は非常にいいお客さんが多いということ。

いつもあざっす!



楽しい事が。



したい。

来年もどーぞよろしくお願いします。

赤 カーメンカーメン

先日、久田さんが亡くなった。

68歳。

脳梗塞だった。。

たぶん誰だかわからないだろうから簡単に説明しよう。

当店でオープン当初くらいから付き合いのある方で、主に陶器鉢の輸入を手掛けていた。

当店で馬鹿みたいに陶器鉢を売った時代を支えてくれた方でもある。

タイ専門で、俺も入社して3年目くらいにタイに行かせていただいた時には現地でいろいろと案内してくれた。

自分とははじめはあまり縁のなかった方で、向こうもあまり気にはしていない感じだったと思う。

女の子が好きで、タイに行ったときにも俺には一切なんにもしてくれなかったが、一緒に行った女の子にはいろいろとしてあげてた。。。

お店にも定期的に来ていた。

お店に来るときは必ず赤い帽子をかぶってくる。

しかも毎回違う。。。

しかも毎回変な帽子。。。。

ジジイが赤い変な帽子かぶってりゃ目につくわな。。

なので印象は強かった。。

そんなこんなで自分が陶器の担当になった時から本格的なお付き合いが始まる。。

自分も陶器には興味があったのでいろいろ教わったし、いろいろ要求もした。

オリジナル商品をどんどん作らせ、それに対してとても協力的だった。

面白くなくてはダメ。

たぶん彼のポリシーだろう。

遊び心が大事。

オリジナル品も結構クレイジーなものもあった。

陶器に加え、サンデーマーケット(現地の市場)で買い付けた造花や雑貨などもちょくちょくやった。

楽しそうに仕事していた。。

それから自分が担当を離れ4~5年経つ。

今年の9月からまた担当になり、久田さんを呼び出した。

それまでの4年間 陶器の需要も減り当店への入荷も減っていた。。

確かに販売量も減っているし 大量に売れなくなった。

しかし自分にはタイの商品はまだまだ魅力があった。

一つにはオリジナルを作りやすい点だった。

9月に会ったときはあまり元気がなかった。(体は元気だったが)

もうあまり売れなくなって仕事もだいぶ減って、ぼちぼち辞めようかと思っていた。

といった。

それは困る。俺が担当になって辞められたら困るからまだやってほしいと頼んだ。

そしたら、もう一度やろう!と心強い返事が来た。

それからの商談は依然と同様、前向きな姿勢に当時を思い出した。

また帽子をとり。

「ほら。どうだ!」

と言ってきたので。

「どーしたんすか??」

「髪の毛が生えてきたんだよ!。わかるか!最近髪の毛が生えだしたんだ」

と嬉しそうに語った。

毎日シジミ汁と何かを飲み続けていたら生えてきたらしい。

みんなに自慢していた。

それから毎回来るたびに「どうだ!」と言って会社内を回っていた。。

相変わらずのジジイだなと思っていた。

そんな久田さんが亡くなった。。

突然だった。

お通夜にもいったが、実際に顔を見ることができなかった。

棺桶と写真だけ。。

なので。

実感がわかない。。。

全然。

実感がわかない。。。。

今月タイに行って春のコンテナの最終調整に行く予定だった。。

まだ生きてんじゃねぇかと思っている。。

でも。

死んだんだ。。。

これから先。

頼れねぇ。。。

まぁそんなことはどうでもいい。

仕事の。

遊びの。

楽しさを教えてくれた久田さん。

ありがとうございました。

あなたのくれた赤い帽子は。



受け継がれています。。

そして。

俺は。

忘れない。。。

縁 カーメンカーメン

カーメンカーメンには素敵な仲間がいる。

仲間というとなれなれしいが。。。

まぁ知り合いです。

個人的には仲間と思っています。

最近は店長になっていろいろな縁を頂きます。

というか、自分が積極的に動けるようになったのが大きい。

今まではあまりそんな余裕がなかったのだが、店長になりあえてそのようなスタンスが大事だと思いそちらを大事にしている。

そして自分はやはり大きな器の人間にしか興味がないことがよくわかった。真の理解者というべきか。

自分は所詮雇われの店長。

経営者ではない。

が。

経営者と対等に話せるように。

改めて思うが、ガーデンガーデンの店長を俺にした時点での会社の覚悟はできていると思う。

首が飛ぶまで。

雇われ店長。

がんばってみます。



この前園児が買い物に来ました。

その日は大雨でどうなることかと思ったけど、園児はむしろ元気で水たまりにあえて突入してました。

大人になると後先ばかり考えてしまっている事が多いんだなと感じました。

それを成長ともいうのだろうが。

水たまりに入って、びたびたになって楽しいと感じたほうが。

人生は。

楽しい。。。

そんな人たちのとのご縁。

大切にしたい。。。
かめプロフィール

カーメン

Author:カーメン
愛知県のモンスター園芸店「ガーデンガーデン」で三代目店長として存在しています。既婚で3人の子供たちがいます。毎日「ウリィィィィィィ」な気分です。
完全個人的感性で書いていますのでノークレーム・ノーリターンでお願いします。

つぃった~
お品書き
最近の話
温かいご返事
最新トラックバック
月刊かめぶろ
戦闘力
カーメンレーダー
1
あなたの愛を
RSSリンクの表示
すぺしゃるさんくす
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。